作品紹介

-


記録写真 (2009年度作品「「斬」終末覇王伝~鎖錠ノ老格~」より


 
  Photo by みつはしまりこ



2010年度
「罪音~the lord defendant~」@武蔵野芸能劇場
2010.10.7.17~2010.7.19




  罪音~the lord defendant~   ベトナム戦争を題材にした人間の内包する心の闇と、裁判員裁判と死刑を選択する人間の葛藤を描く。
「他者の命を奪う」「自分の命を奪う」という観点から投げかけられる問題点に対し、全5公演すべてに違うエンディングで挑んだ作品。


2009年度
「「斬」終末覇王伝~鎖錠ノ老格~」@武蔵野芸能劇場
2009.8.30~2009.8.31




  「斬」終末覇王伝~鎖錠ノ老格~   高齢化社会とリストラ問題を扱い「人間が人間を看取る」という事に主眼をおく。
2006年に扱ったターミナルケアをテーマにした作品をよりリアルに落とし込んだ作品。


2008年度
「KINGDOM~future for "SALOME"~」@武蔵野芸能劇場
2008.8.30~2008.8.31




  KINGDOM~future for SALOME~   モンスターペアレントや教育、家族の絆をあつかった作品。
オスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」をオマージュにし現代の家族観を問う。


2007年度
「NEIN 9」@武蔵野芸能劇場
2007.9.3~2007.9.4




  NEIN 9   核兵器と被爆、戦争について描いた作品。
「NEIN」とはドイツ語で「NO」の意。



2006年度
「TERMINAL~終末覇王伝~」@武蔵野芸能劇場
2006.9.23~2006.9.24




  TERMINAL~終末覇王伝~   人間が死ぬとき、人生の終末期を自分らしく勝ち取れという強いメッセージを込めた作品。
スパゲッティー症候群などを描き、「人間の尊厳とはなにか」を問う。


2005年度
「罪」(DeepTough×quaff)@武蔵野芸能劇場
2005.12.20




  「罪」(DeepTough×quaff)   他者を害し欲を果たす人間と、自分を害し他者を守る人間を象徴的に描いた作品。
人間の理性と本能を描く心理学をベースとした作品。


2005年度
「Jelousy green-eyed monster」@吉祥寺シアター
2005.9.24~2005.9.25




  Jelousy green-eyed monster   「嫉妬」という感情に支配され人生が変わっていく人間を描く。
感情のコントロールで人生は自ら変えることができるというメッセージを含むコミカルな作品。
「嫉妬の使い方」によって人生が変わる事を2つのエンディングで表現。
タイトルの「green-eyed monster」とはウイリアム・シェイクスピアの戯曲「オセロー」の「嫉妬は緑の目の怪物である」という台詞に由来する。


2004年度
「HOLY HORROR X'MAS Ⅲ」@吉祥寺シアター
2004.12.20




  HOLY HORROR X'MAS Ⅲ   クリスマス特別公演第三弾。
人間ではない者の「時間」をテーマにしたクリスマスファンタジー。


2004年度
「CHAIN」@全労済ホール/スペース・ゼロ
2004.9.28




  CHAIN   親子間の虐待の連鎖、負の感情の連鎖をテーマに描いた作品。


2003年度
「HOLY HORROR X'MAS Ⅱ」@武蔵野芸能劇場
2003.12.22~2003.12.23




  HOLY HORROR X'MAS Ⅱ   クリスマス特別公演第二弾。
「人間の有限な時間」と「死なない者の無限の時間」を描く辛口のクリスマスファンタジー。
母親と死別した反抗期の少女と一人子育てに奮闘する父親を描いた作品。


2003年度
「POLLUTION -tasty drug-」@全労済ホール/スペース・ゼロ
2003.9.25




  POLLUTION   「汚染」をテーマに自然環境、人的環境、コミュニケーションを描く。
写真家とのコラボレーションによる映像を使用した作品。


2002年
「HOLY HORROR X'MAS」@武蔵野芸能劇場
2002.12.24




  HOLY HORROR X'MAS   クリスマス特別公演第一弾。
永遠に生きる妖怪達と聴覚障害の少年との「振動という音」を通した心の交流を描いたクリスマスファンタジー。


2002年
「ALLEGORY -essence of human-」@全労済ホール/スペース・ゼロ
2002.9.23




  ALLEGORY -essence of human-   世界各国の民話をベースに現代社会の問題を描く。
「親父狩り」と呼ばれた若者の暴力やマイノリティーへの差別をテーマとする。
コミカルで風刺を効かせた作品集。


2002年度
「Bor/Der -境界を越えて-」@クレオ大阪西
2002.1.23




  Bor/Der -境界を越えて-   国境、心のボーダーライン、性差、生と死。
さまざまな「境界」をテーマにした作品集。
初の関西公演。


2001年度
「10.5」@北沢タウンホール
2001.10.5




  10.5   「その、日」誰にとっても日付でしか呼びようのない「一日」がある。
「あの一日がなかったなら」「今日のこの日があったから」「あの日さえ、なかったなら」
人間にとっての特別な「その、日」をテーマに「今日一日に全力で生きる」という決意をこめて公演日をそのままタイトルにした作品。
ストーリーがあり、台詞がない。身体表現のみでテーマを伝える。
初演出作品。



△このページの一番上に戻る